So-net無料ブログ作成

メッツ コーラバカ売れ

 キリンビバレッジが発売した「メッツ コーラ」が売れに売れている。

 食事の際に中性脂肪の吸収を抑え、上昇を緩やかにするとされる食物繊維「難消化性デキストリン」を配合した。その結果、特定保健用食品、「トクホ」として認定されたのが大きい。

 コーラ系飲料に初めて「トクホ」が付いたという話題性もあって、2012年4月24日に発売されてから、わずか2日間に年間販売目標である100万ケースの5割を突破した。

■2日で年間販売目標の5割を突破

 滑り出しはまさに、絶好調。キリンビバレッジは、「発表会後には問い合わせなども多く、手応えを感じてはいましたが、ここまで売れるとは…」と、最近にはない売れ行きと驚きを隠さない。

 キリンビバレッジの2012年のテーマは、「大人向けの清涼飲料」。そのため、新たな炭酸飲料の領域を創造する「キリンの泡」と、大人にうれしい健康成分を配合した「大人のキリンレモン」を出した。

 「キリン メッツ コーラ」は、「大人向けの清涼飲料」の第3弾。

 「コーラ」といえば、スッキリする爽快感が売りモノ。しかし、どちらかといえばカロリーや糖質も高め、さらにスナック菓子やハンバーガー、ピザなどといった脂分の多い食べ物との相性がいいため、ゴクゴク飲めて、おいしいけれど、我慢してきた人は少なくないはずだ。

 糖類ゼロでありながら飲み応えのある味わいを実現し、さらに炭酸を強めにして、刺激と爽快感を味わえるようにした。さらに特定保健用食品、「トクホ」飲料に仕上げたことで、健康意識の高い大人に受け入れられているようだ。

■市場全体を「トクホ飲料」がけん引

 「特定保健用食品」、通称トクホは個々の製品ごとに消費者庁長官の許可を受けて、保健の効果(許可表示内容)を表示することのできる食品をいう。

 からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、血圧、血中のコレステロール値を正常に保つことを助け、整腸作用に役立つなどの「特定の保健の効果が科学的に証明されている」ことが前提だ。もちろん、国に科学的根拠を示して、有効性や安全性の審査を受けている。

 最近は中性脂肪やコレステロールが気になっている人は少なくなく、これらの数値を「飲んで下げよう」という「トクホ飲料」はさまざまな商品が販売されている。

 なかでも、目につくのはサントリーの「黒烏龍茶」や花王の「ヘルシア緑茶」などの「お茶系」飲料だ。キリンビバレッジの「午後の紅茶ストレートプラス」も「トクホ飲料」。食中・食後によくあうストレートティーで、 食事と一緒に飲むと「難消化性デキストリン」が糖の吸収を穏やかにして、食後の急激な血糖値上昇を抑えるという。

 日本健康・栄養食品協会が2年ごとに行っている特定保健用食品(トクホ)市場調査(飲料以外を含む)によると、2011年の市場規模は5175億円で、前回調査(09年)の5494億円から5.8%減った。ピークは07年の6798億円だった。

 ところが、トクホ飲料の発売は相次いでいて、アサヒ飲料が12年1月に主力商品の「十六茶」で脂肪吸収の抑制でトクホを取得したほか、伊藤園も2月に、体脂肪とコレステロールと2つの表示許可を得た「トクホ烏龍茶」を発売するなど、トクホ市場をけん引している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120502-00000002-jct-bus_allより引用

トクホの効果は大きいですね^^ しかし、2日で年間販売目標の5割を突破とはすごすぎです。

---------------------------------


ラキュー 通販
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © サラミ記念日 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
FX比較なら「サルでもわかるFX」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。